長崎市の動物病院【たけがわ犬猫病院】トップページ >> ブログ

Happy Valentine’s Day☆

2017-02-13

明日はバレンタインデー!!

・・・というコトで☆

 

P1350510

 

ひと足早く、たけがわメンズチームへ日頃の感謝を込めて、チョコレートのプレゼント♪♪♪

 

P1350513

 

どうですかー!?

スタッフの、院長愛の大きさを感じちゃってください(笑)

 

P1350514

 

それから、オサレ~な色合いのカード入れも☆

院長が履いてたズボンの色に合わせて選んだのだそうです!

よく見てる~^^

 

P1350515

なんと、ネーム入り!!

院長、とってもお似合いですよ~♪

スタッフには、院長からおっきぃチョコのおすそわけをいただきました^^

とっても美味しかったです♪

福岡のセミナーに行ってきました!

2017-02-09

P1350447今回のセミナーは、

グリーフケアについて考える

というものでした。

グリーフとは・・・

直訳すれば、悲嘆。

自分にとって大切な宝物を失った時、誰にでも起こるごく自然んば心と体の反応のことを言います。

つまり、家族同然のわんちゃんねこちゃんを失ってしまった飼い主様に、私たちがどのように寄り添ったらよいのか・・・

このようなとき、私たちが飼い主様にして差し上げられることはなんなのか。

何事においても、大切なのはコミュニケーション。

グリーフケアコミュニケーションについても、たくさんのことを学びました。

グリーフケアだけでなく、いかなるときも、飼い主様をはじめ、スタッフともコミュニケーションを大切にしていかなくてはならないことを痛感しました。

いつでも、飼い主様に寄り添える、信頼に足る動物病院でありたいと思っています。

職場体験学習

2017-02-08

今日は、日見中学校から生徒さんがひとり、職場体験学習に来てくれています!

職場体験学習の期間は、今日と明日の2日間!

1日目の今日は・・・

頼もしい先輩に習って、わんちゃんのお世話をしていただきました!

P1350419ブラッシングにも挑戦!

ぺんちゃんも気持ちよさそうにしてましたよ^^

ブラッシングさばきも慣れた手つき!!

P1350418

心なしか、先輩の貫禄が出てきたような・・・!?

男性スタッフが少ないので、嬉しそうですね(笑)

節分

2017-02-03

本来、節分とは、立春・立夏・立秋・立冬の前の日を指し、

(季節の節目の)(分け目)

となるわけですが、いつしか節分は2月だけになってしまいました。

旧暦の節分では、新しい年を迎えるために穢れや災いを払うものとされ、それで節分の行事では、縁起の良い年男・年女が邪気を払う豆をまくようになりました。

また、厄年のひとが豆をまくのは、少しでも災難を落とすためなのだそうです。

厄年の方は、神社やお寺でありがたい福豆をいただてみては?

食べなくてはならない豆の数が多くなってきましたが><;;

年齢と同じだけ、身体に福が来ますようにという願いを込めて、いただくことにします^^

みなさまの元へも、福がきますように!

そして、健康でありますように!!

猫ちゃんの病院ストレス軽減

2017-02-01

 

こんにちは★

 

今回は先日当院で導入したばかりのものをご紹介いたします。

 

猫フェイシャルフェロモン フェリウェイ拡散器です!

P1350245

 

こちらは、簡単に説明すると、猫ちゃんに対してリラックスホルモンを拡散してくれるものになります。

そうすることによって、外来で来た子や入院中の猫ちゃんの緊張を少しでもほぐし、ストレスの軽減に繋がります

グルーミングの増加や摂食などの行動に明らかな違いがあることが示されているとのこと!

 

猫舎にいるうちの子の様子もこの通り(*‘ω‘ *)

P1350239P1350244P1350243

 

外来や入院の子への効果も期待したいと思います!

 

猫舎とあと待合室にも設置していますので、病院にお越しの際はぜひ探してみてください☆

 

ばっちゃん 助けられた繁殖犬たち

2017-01-30

ばっちゃん 助けられた繁殖犬たち

『ばっちゃん 助けられた繁殖犬たち』

写真:小関 佐智

文: 井上 夕香

 

待合室に、新しい本が入りました!

子どもを次々に産まされ、心も体もボロボロになってしまった親犬たちと、その犬たちを助けた人々の活動が描かれた、本当にあったおはなしです。

愛知県で保護された、90匹を超える、弱りきった犬たち・・・

登録も予防注射もしていない犬が、99匹もいることもわかりました。

せっかく保護したのに、病気がひどすぎてやむを得ず死なせなければならなかった犬たちも数多くいました。

譲渡会に参加できた犬は、最後まで生き残った62匹でした・・・

1.家族みんなが賛成していること。

2.登録と狂犬病などの注射をし、最後まで責任をもって育てること。

3.病気の治療をつづけること。

4.子どもができなくなる手術をすること。

5.動物保護管理センターに犬の状態を報告し、家族と犬の写真を送ること。

犬たちは、この約束を守れるひとたちに、ひきとられていきました。

「人になつき、愛をもとめ、やがて絶望して、文句もいわずにさびしく死んでいく犬たち・・・」

ボランティアの宮﨑さんのせつない思いが、胸を打ちます。

思いを声に出せない、小さないのちたち。

わたしたちは、もっと思いやりを持って動物たちに接し、同じいのちとして関わっていくべきなのではないでしょうか。

 

インフルエンザ注意報が発表されました!

2017-01-27

ついに長崎県でも、インフルエンザ注意報が発表されましたね~><;;

今年度は全国的に、例年よりインフルエンザが流行すると言われていました。

しかしながら、年末頃は、ホントに流行ってるの!?っていうくらい、この近辺ではインフルエンザが流行っているとは聞かなかったのですが・・・

近辺の小学校でちらほらとインフルエンザが出るやいなや、あっという間に広がりつつあります><

インフルエンザの感染力、恐るべし!!

0歳~9歳の罹患率が特に高いようですね。

咳エチケットを心がけて、インフルエンザにかからないようにしましょう!!

 

殺処分される犬や猫をなくしましょう!!

2017-01-26

24日付の長崎新聞に、長崎県の犬、猫の殺処分の記事が掲載されました。

昨年度の長崎県の犬、猫の殺処分数は、4370匹で全国最多でした。

これで、長崎県は、2年連続ワースト記録となりました。

県内では、犬や猫の殺処分数は減少傾向にありながら、全国的には最多となる殺処分数。

これは、いかに長崎県に猫が多いかを物語っています。

かわいさのあまり安易に餌付けをしてしまったり、不妊や去勢手術が可哀想だという誤った認識が、かえって殺処分という不幸な運命に導いているのではないでしょうか。

県では、野良猫の不妊・去勢手術の補助拡充や、ボランティア団体とともに譲渡会の開催を予定しているそうです。

粗大ゴミのように、カンタンに捨てられ、殺される命。

犬も猫も、わたしたちと同じく、かけがえのない命であることを、もう一度考えてみてください。

殺処分ゼロをめざして、いま、わたしたちにできることをしていきましょう!!

♪Happy Birthday♪

2017-01-25

1月12日は、鷹川さんのお誕生日でした~^^

それから・・・

1月21日は、畑上さんのお誕生日でした!!

P1350157

寒さの厳しい季節に生まれた1月生まれの人は、厳しい環境からでも奮い立つ!!というパワーを秘めているのだそうです!

 

P1350158

素敵な花束に、思わずにっこり♪♪ のおふたり^^

鷹川さん、畑上さん、お誕生日おめでとうございます!!

佳い1年になりますように!!

床がキレイになりました!

2017-01-24

DSC_0164

先週火曜日と今週火曜日の2日間にわたり、犬舎と猫舎の床の張り替えをいたしました!!

モノをどかし、古い床を剥がし、接着剤を塗り、新しい床を張る・・・

この作業がどれだけ大変か;;

職人さんのワザは凄いですね!

DSC_0165

before

DSC_0168

after

廊下と休憩室の境もなくし、統一感を出しました!

DSC_0286

犬舎の作業中、ふうたくんは休憩室へ^^;

ふうたくんとペンちゃんが来てくれてニギヤカで嬉しいけど、元気すぎるふうたくんは、狭い室内を走り回って大変です^^;

P1350161

チョーダイ♪♪♪

スタッフにカワイ~くおやつをおねだりする、ちゃっかりモノのふうたくんでした!

10 / 28« 先頭...89101112...20...最後 »