長崎市の動物病院【たけがわ犬猫病院】トップページ >> ブログ

今日のできごと~~

2016-02-26

スタッフルームにやってきたますおくん(/・ω・)/

 

暇そうなので、スタッフが相手してあげました★”

P1240693

リボンをつけられこの表情~~(笑)

 

 

ですが、良い写真も撮らせてくれましたよ♪

P1240695

男の子なのになんてかわいいの(*ノωノ)

 

P1240697

上から見たら女の子にしか見えませんでした♪

春がき~~た~~♪

2016-02-25

最近は暖かくなってきましたが、風が強いですね(; ・`д・´)

 

ということで、この間の休日運動公園にて凧を飛ばしてきました♪

IMG_0625 IMG_0642

 

 

雲ひとつないきれいな空で凧あげにはもってこいの春日和~~♪

たこ

初めての凧あげでしたが、良い風が吹いてくれたのでうまくできました(*ノωノ)

 

 

これからの季節、ハイキングやピクニック・・・

わんちゃんを連れていろんなところにお出かけするのも楽しそうですね★”

桜の開花予報

2016-02-19

まだまだ寒い日は続いておりますが、2月も残りわずかとなりました!!

3月に入ればあっという間に春の陽気を迎えます(*’▽’)

 

ということで、少しでも気分が温かくなるように桜の情報を調べてみました★”

 

 

今年の開花予報は3月28日だそうです!!

年々桜の開花が早まっているようなきがきていましたが、今年は遅い???

 

満開時期は4月6日だそうです!!

入学式には桜がきれいに咲いているでしょうか~(#^.^#)

 

楽しみですね♪

Happy Valentine’s

2016-02-15

2月14日はバレンタインデーでした( *´艸`)

 

ということで私たちも院長へチョコともう1つプレゼント★”

P1240610

P1240612

P1240611

 

院長は満面の笑み(/・ω・)/

P1240613

 

 

さて気になる中身はといいますと・・・

P1240615

パンツでした~~~(笑)

 

春心地

2016-02-12

昨日はとっても暖かく、春のにおいを感じました(*´ω`*)

 

いよいよ春の訪れですが、春といえばフィラリア症の予防・ノミ、ダニの予防狂犬病予防注射が始まる時期でもあります!!

 

 

なので、今回はフィラリア症予防について・・・

 

◆フィラリア症の予防
「フィラリア」とは心臓にすみつくとってもこわい寄生虫です!
心臓に住みつくのでワンちゃんはとても苦しく、かからないように予防するのが大事です。
蚊から感染するので夏場を超えるごとに感染率が上がります。

 

 

~ 当院で取扱っている予防薬のご紹介 ~(どれも毎月1回飲む予防薬です。)

 

インターセプターS(チュアブルチキン味)

インター

ミルベマイシンA(錠剤)

ミルベ

イベルメックDSP(チュアブルビーフ味)

イベルメック(効く)

カルドメックチュアブルP(チュアブル)

カルド

 

そして、フィラリア症予防だけではなくのミ・ダニの駆除も一緒にできる薬もあります。

パノラミス錠(錠剤フレーバー)

パノラ

ネクスガードスペクトラ(小粒チュアブル)

スペクトラム

 

 

 

他にも、1年分を1回で予防できる注射もあります。

 

注射予防のメリットは

・「お薬をなかなか飲まない」「吐き出してしまう」「お腹を壊してしまう」といった心配や悩みを解消します。

・毎月決められた日の投薬スケジュールから解放され、投薬のし忘れがなくなります。

・獣医師による注射なので、「安心」「確実」にフィラリア予防ができます。

 

 

注射予防のデメリットは、ワンちゃんの体質や体調によっては、免疫効果が得られなかったり、まれに下記のような副反応を示すことがあります。

・注射部位のかゆみ、痛み、元気・食欲の低下、発熱など(ほとんどは2~3日で消失します)

・過敏な体質のワンちゃんでは、アレルギー反応(顔面の腫れ、赤み、かゆみ、下痢、嘔吐など)

・非常にまれですが、アナフィラキシー反応(失神、よだれ、血圧低下、呼吸困難、体温低下など)

 

注射をご希望のかたは、獣医師にご相談ください。

フィラリア症予防のお薬もたくさん出てますので、わんちゃんに合った予防法で予防しましょう!!

 

風邪予防!

2016-02-10

今年は寒くなるのが遅く、インフルエンザの流行もずれこみました~~(; ・`д・´)

 

ということで今インフルエンザ流行真っただ中です!!

 

小学校でも学級閉鎖や学年閉鎖が相次いでるようですので、皆様もお気をつけください( ;∀;)

 

風邪予防しっかりしていきましょ~~★”

犬も見た目によらない!!

2016-02-08

先日、ある番組を見ていると

「散歩途中にいきなりライオンが目の前に現れたとき、1番勇敢な犬は何なのか?」という企画があっていました!

 

そこに登場するわんちゃんたちは

・ドーベルマン

・ブルドッグ

・ラブラドールレトリーバー

・シベリアン・ハスキー

・オオカミ犬

・トイプードル

・ポメラニアン

・土佐犬

の8種のわんちゃんでした!

 

この中で名前を聞いたらやっぱり勇敢なのは大きなわんちゃんなのかな。と思ってみていましたが、犬も人間と同じくみかけによらない結果でした!!!

 

 

飼い主様を守るため、ライオンに立ち向かっていったわんちゃんは・・・

と

土佐犬

 

ぶる

ブルドッグ

 

ぽめ

ポメラニアン

 

といぷ

トイプードル

 

の4種のわんちゃんでした!!

 

わんちゃんたちの性格を知るのも面白いですね(*’ω’*)

 

 

実習生が来ています🎶Part2

2016-02-04

スタッフがお昼休み中は、事務の仕事をしてもらいました~~!

 

 

カルテ番号札作りです!

P1240476

机いっぱいに番号シールを広げて・・・

頑張ってくれました(*^_^*)

 

 

8000番~作ってもらってたのですが、肝心の8番の番号シールがなくなってしまい未完成のまま。。。

ですが、200枚ほど作ってもらえたので助かりました★”

 

 

実習生が来ています🎶

2016-02-03

今回は、日見中学校から実習生が来ています。

 

早速、うちのペンちゃんのシャンプーをお願いしました(*^_^*)

P1240449

P1240450

P1240451

 

ぺんちゃんも綺麗に洗ってもらって嬉しそう★”

P1240455

P1240454

 

 

乾かしてもらうときも、この表情!!

P1240458

P1240456

 

 

きんちゃんも生徒さんにスリスリ~~~♪

P1240461

P1240462

遊んでもらって喜んでました(*^^*)

院内セミナー

2016-02-03

2月1日に院内セミナーがありました。

P1240445

 

今回の内容は猫の慢性腎臓病についてでした。

P1240446

P1240447

 

腎臓の役割とは・・・

・体の血液をろ過し、尿を作る

・不要な老廃物を出して体に毒素がたまらないようにする

 

 

慢性腎臓病は、ネフロンが壊れ腎臓の機能が低下していくことが原因です。

(腎臓は、ネフロンと呼ばれる単位が集まってできています)

7~8歳くらいから増加し、発症率は10歳で5%、15歳で15%だそうです。

ですが、どの年齢でも発症する可能性があります。

 

 

慢性腎臓病の症状でよく見られる症状は

・元気消失

・食欲低下

・多飲、多尿

 

 

悪化してくるとみられる症状は

・毛ヅヤの悪化

・よく寝ている

・嘔吐、食欲不振

・貧血         です。

 

 

日頃ネコちゃんが元気そうにみえても、検査をすることで早期発見でき適切な治療ができます。

 

最近、こんな症状はありませんか?

・よく水を飲む

・おしっこの回数や量が増えた

・食欲がなく痩せてきた

・寝てばかりいて、元気が無い

・食べ物をもどす

・毛ヅヤが悪くなった

 

ネコちゃんの様子にすこしでも変化がみられたら定期検診をしましょう!!