長崎市の動物病院【たけがわ犬猫病院】トップページ >> ブログ

動物たちの睡眠時間

2015-12-21

今日はもう21日・・・

今年も残り10日になりました!!!

1年過ぎるのが早すぎます(´;ω;`)ウゥゥ

悔いのないように過ごしていきましょう♪

 

 

 

ところで話は変わって・・・

人はだいたい8時間の睡眠時間ですが、動物たちにも”種”によって睡眠時間が決まっているそうです!

 

 

たとえば・・・

 

ウサギやモルモットは人間と同じ8時間。

ですが、ゾウは3時間、馬は2時間しか寝ないそうです!!

(人が毎日2時間しか寝ない生活だったら・・・(+o+)←ですよね、きっと。。。)

 

 

 

さて、ここで生じる睡眠時間の差は一体なんなのか。。。

その理由は、食事にかかる時間が関係しているそうです!!

食事に時間がかかる動物ほど睡眠時間が短くなるということです。

 

 

馬やゾウなどの大型草食動物がその典型です。

草食動物は、大量の草や葉を食糧として必要とし、なおかつ奥歯ですりつぶしながら飲み込むので食事に時間がかかるということです。

 

肉食動物はというと大量に食べるわけでもなく、じっくり噛みながら飲み込むわけではないので食事に時間がかからないということです。

 

 

 

となるとわんちゃんやネコちゃんの睡眠時間は???

 

わんちゃんは13時間

ネコちゃんは14時間

 

 

それに、人に飼われているということもあって時間が余れば余るほど睡眠時間にまわすということです。

 

なので、下手すればねこちゃんは20時間ぐらい寝ることもあるそう( ゚Д゚)!

うらやましい限りですね。。。( ;∀;)

 

 

12月は師走(※お坊さんが走りまわるほど忙しい月)なので、それこそ猫の手(睡眠)も借りたい(もらいたい)ぐらいです(笑)

(※師走に関しての諸説はいろいろあるみたいですが・・・)

今日のできごと・・・

2015-12-18

私が座っている足元で何かがゴソゴソ・・・

 

何度も私の足に当たるので覗いてみると、そこには猫舎から解き放たれた我がファミリーたちが( `ー´)ノ

ねこkk

 

 

そして、退屈そうにしているチョンちゃんの相手を尻尾でしてあげてる兄さんの姿が( *´艸`)

 

ねこち

「猫パンチ~~~!!!」

 

 

どんな顔して相手してるのかなぁと覗いてみるとこんな顔(笑)

ねね

「俺の顔に何かついてるのか~~”(-“”-)”?」と言われてるような気分・・・

 

ごめんなさい~~~( ;∀;)( ;∀;)( ;∀;)

 

 

しかし、それでもかわいい妹の相手をしてあげてる優しいしずお兄さんでした♪

ね

「もう1発~~~(/・ω・)/」

ブラッシングと皮膚の関係性<セミナー内容>

2015-12-16

ブラッシングするとき皆さんは、毛並みを整えたり美容目的で行っている方が多いと思います。

 

それに短毛のわんちゃんなどは、毛が短いからしないという方が多いと思いますが、

実は、ブラッシングには美容目的以外で衛生目的でも効果があるということだそうです!!

 

 

そこで、ボストンテリア(抜け毛やフケが多い)で実際にブラッシングを毎日行ってみたそうです。

ぼす

ブラッシングを毎日15分程度行い、7日後には抜け毛やフケが減りました。

そして、14日後にはほぼフケがなくなり、毛づやが良くなったということでした。

(シャンプーは行っていません)

 

 

ブラッシングに効果的なブラシは『ピンブラシ』ということです。

ぴん

弾力があるクッション性でマッサージ効果を与える空気穴があるもの。

 

 

ぜひ、この機会に毎日ブラッシングをしてあげてください。

歯みがきによる細菌の減少率<セミナー内容>

2015-12-14

先日、スタッフが行ってきたセミナーの内容についていくつかご紹介していきたいと思います!!

 

先日のブログ内容『はじめてのデンタルケア』に関連している内容です。

 

そもそも、なぜ毎日歯みがきをしないといけないのでしょうか。。。

 

 

お口の中には、何百種類もの常在菌がいます。

食事をすることにより、常在菌もどんどん増殖していくのです!!

 

その菌がいわゆる歯垢歯石と呼ばれるものに変わっていくわけです。

 

 

そこで、最近はさまざまな種類のデンタルケア用品があるので「病院にあるもの」「ペットショップにあるもの」「自宅にあるもの」でどれが一番効果的か実験をしてみたそうです。

実験

 

 

実験した結果がこちらです。

実験1

 

やはり、歯垢を除去するには直接磨くものが効果的だったということです。

(※家庭でできるイソジンについては消毒液のため、やりすぎると甲状腺への影響がでるかもしれないということなので毎日の使用はお勧めしません。)

 

 

ぜひ、この結果をもとに家でもデンタルケアをしていきましょう♪

黄色い絨毯

2015-12-11

もう12月だというのに、私の近所では黄色い絨毯が見頃です!!

イチョウを見ると秋をおもい浮かべますが、今はもう冬(+o+)なぜ・・・

 

 

通常は11月26日ごろに葉が落ちて黄色い絨毯が見られるみたいですが、最近異常気象で温暖化が進み、夏の暑さが長引いていて植物たちもいつが自分たちの活躍時期だったかもわからなくなっているんでしょうね。。。

 

今後地球はどうなるのでしょうか。。。

 

 

なんて、暗い話になりましたが、寒い朝の通勤時に見られるので気持ち的に温かく感じ、知らずと寒さが和らぎます(*’ω’*)

写真を載せたかったのですが、なんせ朝の通勤中なのでバタバタで撮れませんでした(汗)

 

 

寒い冬を頑張って乗り越えていきましょう♪

 

早くも戌年??

2015-12-09

当院は来年の申年を越えてなんと・・・

 

 

戌年に( ゚Д゚)!?!?

 

 

P1220839

(笑)(笑)

 

 

お猿さん(申年)なんだけど色が同化して犬の主張が強すぎたわけですね( ;∀;)

 

 

お騒がせしました(笑)

 

 

ということで、安心してください!!来年は無事申年ですよ(*ノωノ)

今年も残りわずか、悔いのないよう過ごしましょう★”

クリスマスカラー一色!!

2015-12-07

とうとう12月になりました!!

今年も残り1カ月。。。

 

 

ということで、当院もクリスマスカラーに変身です♪

 

 

玄関にはクリスマスツリー★”

P1220847

夜になるとイルミネーションがとてもきれいですよ(#^.^#)

 

 

そして窓にはサンタさん達がチラホラ・・・

P1220843

P1220840

 

 

受付周りや待合室にも♪

さん

っつ

 

 

冬はイベントだらけでたのしいですね♪

ミーティング内容

2015-12-04

先月のミーティングは3カ月に1回のグループ発表(長井・町田智・田中)でした!

P1220747

P1220750

 

 

今回の内容は、『猫の肥大型心筋症』についてです。

P1220748

 

猫の心筋症とは・・・

心臓の筋肉である心筋に何らかの異常が起こり、心臓の機能が損なわれた状態を指します。

心筋症はその原因により肥大型・拡張型・拘束型に分類されます。

し

いずれも発症理由はよくわかっていないそうです。。。

 

 

その中でも猫の心筋症で最も多いとされる肥大型心筋症とはいったいどういった症状なのかというと、 心臓の筋肉が厚くなり収縮力がなくなるために、全身に充分な血液が送れなくなる病気です。

しんこ

よって、心臓から排出される血液量も減少するため心臓の能力が低下します。

 

 

発症年齢は6カ月から16歳と幅広く、どの猫でも発症する可能性があります。

体格の大きい猫や、遺伝的な要因でペルシャ・メインクーン・アメリカンショートヘアーなどがなりやすいとも言われています。

 

 

症状については

・ぐったりして元気がない

・食欲不振

・息が苦しそう

・おなかが膨らむ(腹水)

・後肢麻痺(大動脈血栓)

 

初期段階ではほとんど無症状なため気づきにくいそうです!!

 

 

診断としては

・身体所見

・聴診

・レントゲン

・エコー

・心電図

・血液検査

 

早期発見が重要ですが、症状がわかりづらく発見できないことが多いそうですので、少しでも異変に気づいたら病院で診てもらいましょう!!

動物慰霊祭

2015-12-02

1年に1回行ってる動物慰霊祭が12月1日にありました!

P1220753

 

 

スタッフも全員参加しました。

P1220752

 

おはらい

 

 

そして、一人ひとり拝礼しました。

院長

看護師

以下、他のスタッフも同じように・・・

 

 

処置室や診察室も一緒にお祓いしていただきました!

おは

おはら

 

ありがとうございました。

 

はじめてのデンタルケア

2015-11-30

ところで・・・

 

わんちゃんのデンタルケアしていますか??

急に歯みがきをしようとしてもわんちゃんは嫌がるばかりです・・・

 

そこで、ステップを踏みながら歯みがきができるようにしていきましょう!!

 

 

ステップ1

優しく声をかけながら、口の周りを触りましょう!

わんちゃんは口の周りを触られるのが嫌いです。

最初は、優しく声をかけて落ち着かせながら、口の周りを触る練習から始めていきましょう。

慣れたら上唇をめくってみたり、指で歯を触ってください。

 

 

ステップ2

指で歯を軽くこすってみましょう!

口の周りを触られることに十分慣れたら、指にガーゼなどを巻いて、そっと歯をこすったり、歯ぐきを優しくマッサージしてみましょう。

上手にできたら、そのたびにご褒美をあげます。

 

 

ステップ3

「あ~ん」の掛け声で口を開けさせましょう!

歯の裏側を磨くためには、口を開けさせなければなりません。

練習は二人で行います。

ひとりがワンちゃんを抱きかかえ、利き手と逆の手で上あごの付け根をつかみ「あ~ん」と声をかけながら、利き手の指で下前歯を引き下げて口を開けます。

口を開けた瞬間、もう一人にご褒美を入れてもらいましょう。

あせらず、時間をかけて練習してください。

 

 

ステップ4

少しずつ口を開けている時間を延ばします。

はじめは、一瞬開いた口にご褒美を入れるだけで大丈夫です。

徐々に時間を延ばして行きます。

次第に「あ~ん」の合図で、わんちゃんから口を開けるようになるはずです。

 

 

ステップ5

歯の裏側を軽くこすってみましょう!

ステップ2と同じことを、今度は歯の裏側で実践してみましょう。

歯みがきを大好きにするため、どんなときもご褒美を忘れてはいけません。

 

 

ステップ6

いよいよ歯みがき開始です!

フィンガー歯ブラシに十分慣れたら、歯ブラシに変えてみましょう。

人間同様の要領でみがいていきます。

どうしても歯ブラシをつかわせてくれない場合は、フィンガー歯ブラシに歯みがきジェルやリキッド、スプレーを付けて磨いてください。

 

 

大切な家族のために、今から始めてみましょう!!