長崎市の動物病院【たけがわ犬猫病院】トップページ >> ブログ

ありがとうございます♪

2015-09-16

先日、実習に来た東長崎中学校の生徒さんから

お礼のお手紙をいただきました~~( *´艸`)

 

P1200171

 

今回の実習が生徒さんの将来の参考になればいいですね♪

 

 

お疲れさまでした(#^^#)

とある火曜日・・・

2015-09-15

P1200155

 

とある火曜日・・・

ペキニーズが、フレンチブルドックになったり・・・

 

P1200159

 

宇宙猫が現れたり・・・・

 

笑!!笑!!

 

暇なこんな子も

 

P1200156

夕飯の時間か???

P1200157

今日は早いじゃないか!!!

ごはんは、もう少し待ってください。

 

またまた職場体験☆”

2015-09-11

今回は、橘中学校の生徒さんが職場体験ということで実習にきました~~( *´艸`)

 

この時期は、いろんな学校から実習に来るのでにぎやかです★”

 

 

早速、みなさんにはたけがわファミリーのチョン・ジョン、そしてチワのシャンプーと爪切りをしてもらいました♪

 

まずは、チョン・ジョンのシャンプーです!!

P1200069 P1200070

普通猫ちゃんはシャンプーさせてくれないですが、

小さいときから慣らしているのでこの通りお利口さんでした♪

 

P1200073

気持ちがいいにゃ~~(=^・^=)

 

 

そして、チワの爪切りです♪

P1200075 P1200074

上手にできていましたっ(#^^#)

 

 

 

 

夏が終わると・・・

2015-09-04

こんにちは(*’ω’*)

 

夏が終わりを迎え、秋がひょっこり顔を出してきました!!

 

お昼はまだまだ暑いですが・・・

朝晩冷え込むので、皆様お体にはお気を付けください!

 

 

そして、秋といえば???

 

 Halloween ですよね☆”

 

当院でも一足早くハロウィンの小物選びをしました♪

ハロウィン

最近はかわいいものからリアルなもの(ホラーみたいな・・・)までたくさんあるので悩みますね( ゚Д゚)

 

 

それに、最近はワンちゃん・猫ちゃんたちのコスプレもいろいろ出てるみたいなので

コスプレさせてあげるのも楽しいかもしれませんね(#^^#)

 

 

さぁ、どんなものを選んだかは当院に来てからのお楽しみ!

ということで10月期待しててくださいね♪

Happy Birthday♪

2015-09-02

こんにちは( *´艸`)

 

先月の27日はわたくし山口の誕生日でした!(笑)

なんだか自分でUPするのも照れますが・・・

 

P1200002

素敵な花束をいただきました★”

 

 

私自身が花屋さんから直接花束を受け取ったりとハプニングがありましたが

みなさんからお祝いしてもらえて嬉しかったです♪

 

P1200001

お忙しい中ありがとうございました(*’ω’*)

実習生が来ています♪③

2015-08-28

今回、実習生の中に唯一男の子が!!

 

ちょっとシャイな男の子ですが、一生懸命お仕事を手伝ってくれました♪

 

IMG_1172

そして、きんちゃんと2ショット☆”

 

 

 

看護師がお昼休み中、事務の仕事のお手伝いをしてもらいました♪

 

 

カルテ番号札のシール貼りです(#^^#)

IMG_1174

 

1人10枚ずつしてもらったので、合計50枚も作ってもらいました!

助かった~~( *´艸`)えへへ

 

 

2日間と短い実習期間でしたが、お疲れ様でした!!

実習生がきています♪②

2015-08-26

さて、次はシャンプーの様子です( *´艸`)

 

 

エプロン姿がとてもお似合いな二人☆”

IMG_1162

 

 

それでは、早速シャンプーに取りかかってもらいました!

 

IMG_1163

まずはしっかりぬるま湯で汚れを洗い落とします。

 

IMG_1170

しっかりと手で泡を立てて~~~

 

 

さぁ、マッサージしながらシャンプー開始です♪

 

 

IMG_1166

モミモミ・・・ごしごし・・・

 

 

そして、きれいになったらシャワーで洗い流して終わりです(#^^#)

IMG_1167

わんちゃんもとっても 気持ちよさそうにしてました★”

 

 

P1180029

P1180030

P1180031

きれいになって気持ちがいいね♪

実習生がきています♪

2015-08-26

今回は、東長崎中学校から5名の実習生が来ています♪

 

さっそく数名に分かれていろんなことを教わっていました(#^^#)

 

 

まずは入院舎グループです♪

患者さんのご飯を作ってもらったり、皿洗いや運動場の掃除・水まきなどしてもらいました!

IMG_1155

IMG_1156

えさ

 

 

そして、入院患者さんのネームプレートへの記入もしてもらいました!

かく

 

 

 

次は、検査・処置をしているところを見学!

がなつ

眼の検査をしている様子です。

看護師からしっかりと説明を受けていました( *´艸`)

 

 

そして、今回は手術が入っていたので、オペの見学グループです!

手術

滅多に見ることのできない手術。

しっかりと見ていました!

 

 

今回は2日間しかない実習ですが、明日まで頑張ってください♪

ワンちゃん、ニャンちゃんにも予防歯科を!

2015-08-24

こんにちは(*’ω’*)

 

さて、今回は予防歯科について書こうと思います♪

 

 

皆さんも生活をする中でとても大切なのが「」ですよね!!

歯がないとうまく食事もできないですし、見栄えにも影響してきます。

動物たちだって同じです。

 

 

ですが、同じ動物といえども野生の動物は歯みがきをしません!

やはり伴侶動物のように長生きをしないからでしょうか。

それに、獲物を捕まえて被毛や骨、肉をかじることが一役買っているのかもしれませんね。

 

 

最近では、歯みがき効果をうたった商品がたくさん出ていますが、

ガムや硬いもので歯みがきの役割を果たせているのかというと、そうだとは言い難いんです…

 

やはり、飼い主さんがしっかりと磨いてあげること一番の予防なのです!!

 

 

 

ですが、 一生懸命歯みがきをしていても、プラークをうまく取り除くことができず

最終的には歯石へと変わり、歯周病を引き起こすことになります。

歯周病は聞きなれた言葉ですが、意外と怖い病気なのです。

 

 

そこで、なぜ歯石除去や抜歯をしないといけないのでしょうか。

 

そのまま放置しておくと、全身に悪影響を及ぼします。

ひどくなれば 顎骨骨折なども起こしやすくなり、放置しておくと体がどんどん蝕まれていくのが歯周病なのです。

 

 

人であればできるだけ歯を残すための治療をし、何日も通院を重ねることができますが、動物の場合はそれができません。

なぜなら、全身麻酔をかけて治療を施すからです。

 

全身麻酔をかけるのにも、理由があります。

1、動物の不動化が得られない

2、患者動物も施術者も危険

3、誤嚥する可能性がある

4、恐怖心が残ってしまう可能性が高い

 

とはいえ、麻酔のリスクがないわけではありません。

できるだけ、麻酔をかけることをさけたいのは獣医師はもちろん、飼い主さんも同じだと思います。

 

 

ぜひ、ブログを読んでくださったこの機会に、

わんちゃん・にゃんちゃんたちがリスクを伴うことが少しでもなくなるように、

飼い主さんがしっかり予防をしてあげてください!!

熱中症について

2015-08-21

今日は月に1度のミーティングということですが、

今回は3カ月に一回行われるグループ発表会(町田・畑上グループ)です!!

 

 

今日は『熱中症』について発表するとのことですので、

スタッフより情報を先取りしましてブログにも熱中症について書こうと思います。

 

 

熱中症とは・・・』

なんらかの原因により調節機能が破たんし、体温が異常に上昇してしまう状態を高体温症といい、その中の一つが熱中症です。

 

そして、運動や外部環境の異常な高温、体温降下のメカニズムがうまく機能できないために起こるのが原因といわれています。

特に、車内はあっという間に温度が上がるので注意をしましょう!!

 

 

さて、熱中症の基準とは・・・

体温が41.6℃以上になると、血液凝固系の異常や、酸素をたくさん消費する臓器(脳、心臓、肝臓、腎臓、消化管など)に異常状態が引き起こされます。

さらに電解質の異常(高カリウム血症)や筋肉のケイレン、頻呼吸、頻脈もでてきます。

なので、体温が41.6℃以上にならないように早期の対応重要です。

 

 

万が一熱中症になってしまった場合は、外部から冷やす方法内部から冷やす方法があります。
説明

 

 

それでは、対処時のポイントです。

 

①意識のある動物は『冷やしすぎ』に注意!!

(意識がしっかりしている動物にものすごく冷たいものを当てたりすると、震えて体温低下を防ごうという反射が生じ、思うように体温が低下しなくなります。)

②局所の冷却よりも全体の冷却を!!

(局所よりも全身を連続的に冷やすということが大切です。ポイント①に書いた通り局所になると急な冷却になるのでじっくりゆっくり全身を冷す。)

③冷やしすぎには注意!!

(1分間に0.15~0.23℃の体温低下速度で39.4℃で冷却やめるというのが理想!!ゆっくり39℃くらいまで冷やす

 

 

熱中症が疑われる場合、たとえ意識があっても様子がおかしいようならすぐに病院へ連絡をしてください。

 

 

そして、発表のようすです。

 

DSCF9696

DSCF9700

DSCF9701

 

Q&Aのコーナーももうけていたので、

院長ともども挙手で、答えてました。