長崎市の動物病院【たけがわ犬猫病院】トップページ >> マナーとしつけ
犬を家族のよき伴侶にするためには、沢山の愛情としつけが大切
犬を家族のよき伴侶として育て上げるためには、愛情としつけが何より大切です。 特に、しつけは犬を社会や家族に適応させるための不可欠な教育といえます。まず、しつけは家庭生活の中で子犬がして良いことと悪いことの区別をはっきり教えることからスタートします。 してはいけないことをしたときは「イケナイ」といってやめさせ、子犬が家族の意にかなった行動をとったときは、 「ヨシヨシ」というほめ言葉で愛撫してあげます。 この「イケナイ」と「ヨシ」を教えることが、すべてのしつけの基本です。
しつけの心得.1
節度ある愛情が大切で、盲愛や溺愛ではうまくいきません。
しつけの心得.2
しつけは一貫性をもって繰り返し徹底的に教えます。同じ行為をしかったり、容認したり中途半端な態度はよくありません。このためにも家族全員の協力と理解が必要です。同じ行為が一方ではしかられ、別の家族ではほめられるなどしたら無意味です。
しつけの心得.3
賞罰は明確にしなければいけません。ほめられているのか、しかられているのかはっきりしないやりかたは無意味です。そのためには、同一の言葉で行い、いつも同一のジェスチャーをつけましょう。
しつけの心得.4
しかることと怒ることは別です。短気を出し感情的に怒ると犬はおびえてしまい、信頼感をそこないます。
しつけの心得.5
賞より罰の方が有効と考えるのは間違いです。できるだけ罰を与えないですむよう教えます。
子犬が目的とすることを上手にやりとげたらタイミングをはずさず、その場で十分ほめてやります。 口先だけでなく心をこめ、子犬をなでてやります。 子犬はほめられていることがわかったら、得意そうな表情をして尾を振り、体全身でうれしさを表現するものです。 「イケナイ」のしつけ.1
しかるタイミング…子犬がしてはならないことや悪い行動をした直後か、しようとする直前、している最中にしつけます。
イケナイのしつけ.2
イケナイの言い方…子犬の目の前でいかにも不愉快そうに、低く強い口調で言います。
イケナイのしつけ.3
イケナイを理解したら、悪いことをした後そのつどしつけていけば、子犬はどうすれば叱られるか、 また、イケナイがどういう信号かをすぐ理解するでしょう。 こうなれば、体罰は必要なく、イケナイという言葉だけでやめるようになります。